ゴルフスイング|飛距離アップ|ミート率向上

飛距離、ヘッドスピードアップ記事一覧

飛距離を上げるために必要なもの

今よりもより遠くにボールを飛ばすには何が必要かという問いに、多くのティーチングプロは「ヘッドスピードを上げましょう。」と言います。実際に質問し、そう答えられた人も多いと思います。もちろん、これは正解なのですが、アベレージゴルファーにはヘッドスピードを上げる前にしなければならないことがあります。それは...

≫続きを読む

ミート率向上@ バランス力をつける

ミート率を上げるには、スイング中にどれだけバランスをキープ出来るかが大きなポイントになります。バランス力を上げるには、1本足でクラブを振るメニューがおすすめです。右利きの人ならば、ほとんどの人の利き足は右足のはずで、利き足である右足1本でクラブを振るのは比較的簡単だと思います。左利きの人ならば逆のこ...

≫続きを読む

ミート率向上A 安定した軸を作る

スイング中の軸を安定させるには、頭が大きなポイントになります。頭の重さは体重の約8分の1と言われています。この「おもり」の使い方によって、バランスがとれやすくなったり、逆にとれにくくなったります。スイング中に頭を左右に動かしすぎるとバランスが崩れやすくなります。これはバランス力をつけるための1本足ド...

≫続きを読む

ミート率向上B スイングテンポを一定にする

ミート率を安定させるのに非常に大きな効果を発揮するのが、自分にとって最適なスイングリズムを把握することです。プロゴルファーのほとんどは、自分のスイングテンポのビート数(1分間の拍数)を把握しています。だから、常に一定のリズムで再現性の高いスイングをする事が出来るのです。それに対して、多くのアマチュア...

≫続きを読む

ミート率向上C スイングの「ま」を作る

ゴルフスイングでは、バックスイングとダウンスイングのインパクトまでのテンポが一定なのが理想です。参照:ミート率向上B スイングテンポを一定にする一生懸命クラブを振っているのに、なかなか飛距離が出ない人はいわゆる「打ち急ぎ」になっっていて、切り返しからのテンポが速くなっています。これは腕でダウンスイン...

≫続きを読む

飛ばすための体重移動

飛距離を伸ばすには、ボールにより大きな力を伝える必要がありますが、そのための有効な手段として体重移動があります。ゴルフのスイングにおける体重移動は、よく「トップで右に乗り、体重移動しながらダウンスイングし、フィニッシュで左足1本で立つ」という風に言われます。間違いではありませんが、この動きが大きすぎ...

≫続きを読む

ヘッドスピードアップ@ タオルを使ってヘッドスピードを上げる

よく野球選手が球速を上げるために、タオルの先端を結んで振る練習をしています。この練習をアンダースローで行うと、ゴルフの飛距離アップ=ヘッドスピードアップに役に立ちます。野球のアンダースローとゴルフスイングの動きは、ほとんど同じ筋肉を使った運動だからです。全身を使って腕を振り、タオルの先端を振り出すと...

≫続きを読む

ヘッドスピードアップA クラブを逆さに持って振る

国内でトーナメントが開催されない、いわゆるオフシーズンになると、多くのプロは合宿などを行いスイングの改造や調整を行います。正確なスイングで有名な片山晋吾プロに至っては、ミリ単位でのスイング調整を行っているそうです。皆さんは広田悟プロをご存知でしょうか?片山晋吾プロにリスペクトを感じ、一緒に練習するこ...

≫続きを読む

ヘッドスピードアップB 体幹の力をつける

ヘッドスピードアップA クラブを逆さに持って振るでは、クラブを逆に持って軽いものを振るドリルをご紹介しましたが、今度は逆に重たいものを振ってヘッドスピードを上げるメニューを紹介します。このメニューで役に立つのが竹ぼうきです。重くて長い上に、空気抵抗が非常に大きいので、体幹や下半身を使って振る感覚が掴...

≫続きを読む

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ