ゴルフスイング|チーピンの解消法

クラブを右斜め上に上げ下げする

ゴルフスイング,基本,上達

チーピンの中には打球が右に出て急激に左に曲がるタイプのものがあります。これはインサイド・アウトのスイング軌道でアッパーブローに打つ傾向の人に多いミスです。

 

原因は下からあおり気味に打つことで、このようにするとダウンスイングでクラブが寝てしまいます。寝て入ったクラブをフォローでさらに強引に寝かせるような動きになるので、ボールが上がらずにチーピンになるのです。

 

解決策としてはダウンスイングでクラブが立つように振ることです。それには身体の正面でグリップし、クラブを上げ下げするドリルが効果的です。

 

クラブを上げる方向は頭と右肩の中間あたりで、グリップをゆるめに握って超鋭角にバックスイングするイメージで上げます。

 

下ろす時はクラブの重さで自然にストンと下ろす感じです。あらかじめグリップをゆるめに握っているので、あとはヘッドの重さに任せて下ろすようにしてください。

 

剣道の「メン」をイメージしてヘッドをスタート地点に戻しましょう。

 

この動きを素振りで5回ほど繰り返し、そのイメージのままスイングするとダウンスイングでクラブが立ってきます。

 

ここに体の回転が上手く噛みあってくると理想的なスイングとなり、チーピンのような大きなミスを出す事は無くなるはずです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ