ゴルフスイング|ゴルフ上達

ダフリやトップなどの解消法記事一覧

ダフリ解消法@ クラブを短く持ってアップライトで構える

ダフリはアマチュアが起こしやすい初歩的なミスを思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。タイガーウッズや石川遼プロでも、テレビ中継を見ていても分からない程度にダフっているのです。要は程度の問題で、ダフリは世界で戦うトッププロでも起こすミスなのです。これは、アマチュアをレッスンするプロな...

≫続きを読む

ダフリ解消法A ボールを右に置く

ゴルフの難しいところは、ボールを打とうとすればするほどミスが出るところにあります。プロが良く「ボールに集中する」と言いますが、これはどんな状況でも自分のスイングが出来るから言える言葉です。この言葉には、ボールの下半分にリーディングエッジを入れていくとか、下から3本目のスコアラインでボールの芯を打つと...

≫続きを読む

トップの解消法@ クロスハンドグリップで打つ

通常のグリップから左右の手の位置を入れ換えて握るのがクロスハンドグリップです。プロなども、このグリップでボールを打つ練習を良くしますが、注意深く見ないと、クロスハンドでボールを打っている事に気付かないことがあります。理由はノーマルのグリップを同様に、何の違和感もなく普通にスイングしてボールを打ってい...

≫続きを読む

トップの解消法A 左手1本で打つ

インパクトからフォローで左ヒジが引けるとトップの出る危険が大きくなります。原因は、クラブを引きつけることによってヘッドが上がり、ボールの頭を打ってしまうことにあります。これはスライサーに多く見られる動きで、トップが多いスライサーはまず左ヒジの動きを疑ってみるべきです。この種類のトップを解消するにはフ...

≫続きを読む

テンプラ解消法 ハーフトップで打つ練習

テンプラはボールがフェースの上部に当たることで起こるドライバー特有のミスショットです。プロでもテンプラすることはありますが、アマチュアのようにボールが上がるだけで飛ばないというものではなく、飛距離のロスは数十ヤードです。これは、プロは最悪でもフェースの上部でボールを捉えるのに対して、アマチュアはヘッ...

≫続きを読む

引っかけ解消法@ 腕の使い方を意識する

引っかけのミスは、基本的にスイング中の上半身の使い過ぎが原因で起きるミスです。下半身と上半身、どちらに力が入っても、結局は上体が早く動いて右肩が前に出てしまいます。これによってフェースが急激にターンし、程度の違いはあるもののアウトサイド・インとインサイド・アウトのどちらのスイング軌道でも引っかけが出...

≫続きを読む

引っかけ解消法A グリップのテンションを意識する

引っかけは手や腕がスイングをリードすることで起きるミスです。ボールがつかまらないと、手首を返してボールをつかまえようとするのがゴルファーですが、この動きが過度になると引っかけが起こってしまいます。また、バックスイングで右ワキが空くとクラブをインサイドに引けないので、アウトに上げてインに振り抜く動きに...

≫続きを読む

チーピン解消法@ 右手の親指と人差し指を外してグリップ

一部と飛ばし屋を除いて、飛距離においてアマチュアとプロの差は歴然と開いていますが、クラブを振るスピード自体には、実はそれほど大きな差はありません。それでは、なぜプロとアマチュアにこれほど大きな飛距離の差が出るのかというと、プロは体をゆっくりと回してヘッドを走らせているのに対して、アマチュアは反対に体...

≫続きを読む

チーピン解消法A クラブを上げ下げする

チーピンの中には打球が右に出て急激に左に曲がるタイプのものがあります。これはインサイド・アウトのスイング軌道でアッパーブローに打つ傾向の人に多いミスです。原因は下からあおり気味に打つことで、このようにするとダウンスイングでクラブが寝てしまいます。寝て入ったクラブをフォローでさらに強引に寝かせるような...

≫続きを読む

プッシュアウト解消法 直ドラで打つ

時に400ヤード近くの飛距離を叩きだすドラコンプロのスイングを見ていると、下からカチ上げるように打つアッパースイングが多いのに気付くと思います。これは、大型ヘッドのドライバーで飛ばすにはスピン量を減らして打ち出し角を高くする必要があるからです。ドラコンプロの使うドライバーは、非常にロフト角の少ないモ...

≫続きを読む

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ