ゴルフスイング|ゴルフ上達

フック矯正記事一覧

フック矯正法@ フェースを閉じてアドレスしスイング

フックのミスはスライスと違ってボールが掴まりすぎて起きるミスです。そのためスライスに比べて弾道が強く、飛距離も出るために林やOBゾーンにボールが行き、結果的に大きなミスになるケースが多くなります。しかし、フックはゴルフが上達していく家庭で必ず出るミスでもあります。一般的なアマチュアは上達するにしたが...

≫続きを読む

フック矯正法A 左手の甲を上に向けたままスイング

フックのミスはおもにインサイド・アウトのスイング軌道が原因で起こりますが、アウトサイド・インの軌道でもフックが出る可能性はあります。スイング軌道がどちらでもフックが出る原因はインパクトでフェースが閉じていることです。インサイド・アウトのスイング軌道でフックが出ると、ボールの打ち出しは右かストレートで...

≫続きを読む

フック矯正法B ストロンググリップでハーフスイング

アマチュアゴルファーでフックに悩んでいる人の中には、出球は真っ直ぐなのにボールが上がらず、最終的に左に曲がるタイプの人がいます。このようなフックが出るのはインパクトでボールを掴まえようとして手首をねじり、打つ瞬間にフェースがかぶっている事が多く、結果として低いボールが左に飛び出しているのです。これを...

≫続きを読む

フック矯正法C 左肩の開きを抑える

左に飛び出したボールがさらに左に曲がる引っかけフックは、フックの中でも大きなミスに繋がりやすい、もっとも恐いボールです。大きく飛んで、そのうえ左に大きく曲がるのでOBなどになる確率が高いからです。もっとも、手首の使いすぎで起きるフックならば飛距離はそれ程でないのでまだマシなのですが、インパクトの瞬間...

≫続きを読む

フック解消法D インパクトで下半身をフィニッシュの形する

正しいゴルフスイングは、トップ以降は下半身がリードします。トップまでいったら、まず左サイドに体重が移動し、その後で下半身が左にターンすることで腰が回り、最後に上体や腕、クラブがわずかな時間差で下りてきます。しかし、トップ以降で下半身が止まると、必然的に上半身や腕だけが先に左へ回ってボールをヒットして...

≫続きを読む

フック解消法E マットを使ったフック解消法

スライスを矯正する方法として、ボールやテープを使って練習する方法をご紹介しました。これはアウトサイド・インの軌道を修正するために、インサイドアウトの軌道をイメージしやすいようにテープやボールを使う練習方法です。フックを直すためにはこの方法で、テープやボールを今度はアウトサイド・インの軌道がイメージし...

≫続きを読む

フック矯正法F 棒を使ったスイング軌道の修正

スライスの矯正法でも棒を使った練習法をご紹介しましたが、これはフックを矯正する際にも役に立ちます。※スライス矯正法M 棒を使ったゴルフスイングの軌道修正法フックの主な原因は、スイング軌道がインサイド・アウトになっているから。自分のスイング軌道がそうなっていると自覚している人は、ボールの向こう側に飛球...

≫続きを読む

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ