ゴルフスイング|ダウンスイング

上体を固定して腕だけでクラブを下す

ゴルフスイング,スライス矯正,基本

スライスに悩む原因はたくさんありますが、その中でも最も多い理由の一つがアウトサイド・インのスイング軌道です。

 

スイングがアウトサイド・インになる原因の一つが、切り返し以降の動きを上体や腕がリードすることです。

 

 

特にアマチュアゴルファーの場合は、腕から上体の順で動き、クラブが前に出ることが多く、これによってヘッドがアウトから下りてくることが多くなります。

 

ここでは、上体リードでクラブがアウトサイド・インから下りてくる動きを矯正するドリルをご紹介します。

 

まず、トップスイングを作ったら体の向きを変えずに、つまり胸を右に向けたままの状態で、腕だけを下ろします。

 

腕だけを下しても、上体が残ってさえいれば右肩が前に出ず、クラブはインサイドに下りてきます。

 

普通にスイングをする時でも、上体が動くのをなるべく我慢してインパクト出来れば、クラブがアウトサイドから下りて来るのを防止することが出来るのです。

 

この練習法は、プロでも飛ばし屋として知られる小山内護プロも実践しているメニューで、アマチュアにもお勧めしています。

 

アマチュアでスライスに悩む人には効果的な練習方法で、特にインパクトで上体が浮いたり、回りすぎてインパクトで体が開いている人や、クラブが外から下りてくるカット打ちに悩む人にお勧めのメニューです。

 

スイング軌道が原因でスライスがなおらないという人は、ぜひ試したみて下さい。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ