ゴルフスイング|スプリットハンド

両手を離してクラブを持つスプリットハンドでボールを打つ

ショットメーカーと呼ばれる人のスイングに共通しているのが、クラブを寝かさずにスイング出来ていることです。

 

バックスイングでコックを使いクラブヘッドを上に向けて、ダウンスイングでもその形を保っています。さらにトップからダウンスイングに入る切り返しで、しっかりと間が出来ています。

 

このトップの間が取れないと、手が早く下りてきてクラブが練るスイングになってしまいます。

 

手が早く下りて来てしまうという人におすすめなのが、スプリットハンドでボールを打つ練習です。

 

両手を離してクラブを握るスプリットハンドでクラブを振った時に、ダウンスイングでクラブが寝ると、左手が前に出てフェースが思い切り開いてしまいます。

 

クラブを上手く立ててクラブを振ることが出来た時は、左手を支点にして右手でクラブを下す形になり、ヘッドが鋭角に上から入ってきます。

 

ダウンスイングで目指すのはこの形です。スプリットハンドでボールを打つことでクラブを上から立てて下ろす感覚を磨くことがスライスの矯正に効果を発揮します。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ