ゴルフスイング|ショートホールの攻め方

「センター狙い」の一歩上をいこう

ゴルフスイング,基本,上達

ショートホールのティーショットを含めて、グリーンを狙うショットは「グリーンのセンターを狙う」がセオリーですが、よりよいスコアを目指すなら、そのセオリーは一旦横に置いて、ピンを果敢に狙っていかなければならない、また狙いたい場面は必ずあります。

 

 

 

 

「この番手なら狙いを外しても、誤差は10ヤード以内に収めることが出来る」という自信がある場合や、このホールならグリーンを外しても、左サイドならやさしく寄せる自信があり、かつピンが左サイドに切られていて、グリーンを外してもアプローチのやさしいエリアにボールを運べるといった状況ならば、ピンを狙っていくことは間違いではありません。

 

たとえばピンがグリーンの右に切って時に、セカンドショットでつかまりの良いショートアイアンを持てる場面や、距離に対して短めの番手を持つ場合は、ピンを直接狙ってもいい状況をいえます。

 

真っ直ぐに打つことが出来ればボールはピン筋に飛ぶし、ミスしたとしてもショートアイアンなどの短い番手は左に飛ぶ場合が多く、曲がったとしてもグリーンにセンターや左サイドに乗ってくれるだろうという計算が出来るからです。

 

逆にピンが左にある場合にはグリーンセンターを狙っていけばいいでしょう。真っ直ぐ打てればボールはグリーンのセンターに乗るし、ミスして引っかけたとしても、ピン方向に飛んでいくからです。

 

上級者やプロは、よくこのような「ミスしたら寄る」という狙い方をしています。この発想をマネジメントに取り入れれば、大きなミスは減っていくでしょう。

 

左にピンが切られた状況で、距離がある場合でも、右にいきやすいロングアイアンで狙う場合や、ピンまでの距離に対して大きめの番手を持つ場合には、プンを直接狙っていってもいいでしょう。

 

真っ直ぐピンに対して打てれば最高ですが、仮にミスショットしたとしても、グリーンセンターかやや手前に乗る可能性があるからです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法