ゴルフスイング|ショートホールの攻め方

風を利用してピンに近づける

風の強いときのティーショット@風の強い日のティーショットAでは、ショットの際には風をケンカするのではなく、味方につけるということを言いましたが、その発想はショートホールのティーショットでも同じことです。

 

ドライバーでも風に勝つことは出来ないのに、それよりも弾道の高いアイアンでは、なおさら風に勝つことなど出来ません。

 

それどころか、弾道が高くなればなるほど、風の影響を受ける時間が長くなるので、弾道を予想することはより困難になります。

 

ですので基本的には出来るだけ弾道を低くしたホールの攻略が求められます。

 

しかし、どれだけ風の影響を受けるか、ボールが何ヤードほど風に運ばれるかというのは、特に風の強い日はなかなか計算出来ません。

 

こういう場合には、ピン位置にはこだわらずに、グリーンに乗せることだけに徹するマネジメントを考え、そのための最善策をとりましょう。

 

具体的には、フォローの風のときは、風が無いときに手前のグリーンエッジまで届く番手を使い、あとは風に押してもらってピンに近づけます。

 

反対にアゲインストのときには、グリーン奥のエッジまで飛ばせる番手を選択し、あとは風に押し戻してもらうと考えます。

 

横風ならば、風が吹いてきている方向のグリーンエッジを狙えばよいでしょう。

 

風の強さによってエッジの外側に狙いをつけるのか、内側につけるのかを考えながらマネジメントを行うことが風の強い日の基本的な考え方になります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方