ゴルフスイング|ショートホールの攻め方

大きい番手を短く持ち、スタンスを狭くして振り切る

ゴルフスイング,基本,上達

ピンまでの距離がちょうど2つの番手の中間にある場合には、選択として2つの打ち方が考えられます。

 

●短めのクラブでしっかり打つ

 

●長めのクラブで軽く打つ

 

 

ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用で、短めのクラブでしっかり打つと左に、長めのクラブで軽く打つと右にそれぞれミスが出やすくなると説明しましたが、どちらのショットを選択するにしても、選んだ番手によって出やすいミスの傾向を頭に入れておいてください。

 

力みやすい人は「しっかり打とう」とすると、左へのミスが大きくなりやすく、逆に緩みやすい人は「軽く打とう」とすると右へのミスが大きくなりやすい傾向にあります。

 

こうした傾向がある人におすすめの対処法が他に2つあるので紹介します。

 

まずひとつめは

 

まずは長めのクラブを選択します。クラブが大きいからといって軽く振るのではなく、グリップエンドを余らせて短く持ち、スタンスを狭くしてスイングはいつも通りで打つ

 

こうすることによってスイングやリズムを変えずに、弾道を低くしてキャリーを減らすことが出来ます。

 

2つめの方法は

 

極端な受けグリーンでない場合は、長めのクラブで普通に打つことです

 

これで当たりが良くて、番手通りの距離が出たとしても、ピン奥10ヤードくらいの地点にオンします。極端な受けグリーンでない限りは、下りのパットが残ったとしても2パットのパーを拾える確率は決して低くはありません。

 

逆に当たりが良くなく、番手通りの距離が出なかったとしても、上手くすればピン近くに、よほど悪いショットでなければピン手前のグリーンを捉えることが出来ます。

 

何より、ヘタに加減せずにしっかりと打つ方がリズムが崩れずに、いいスイングが出来るものです。

 

練習のときでも、フルショットの練習ばかりをしないで、同じ番手でいろいろな距離を打ち分ける練習をしておくと、こういう状況でも自信を持って対処することができるようになります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方