ゴルフスイング|ショートホールの攻め方

距離が短めなら、同じ番手で低く打つ

ゴルフスイング,基本,上達

打ち下ろしのホールの場合、風が吹いているときなどはボールの滞空時間や距離が長くなるため、フラットなホールよりも風の影響を受けやすくなります。

 

こうしたショットでは、意図的に低いボールを打てると有利にコースを攻めることが出来ます。

 

しかし、無理やり低いボールを打とうとすると体が左に突っ込み、極端なアウトサイド・インのスイング軌道になったり、フェースがシャットに下りてきたりしてヒッカケのミスが出ます。

 

意識的に低いボールを打とうとするときは、スイングではなく構えだけを変えて打つのが安全な方法です。

 

クラブを少し短く持ち、ミート率重視のスイングをします。ヘッドスピードが少し落ちることと、短く持った分、シャフトがしならなくなるので、自然とボールの打ち出しが低くなるのです

 

落下地点が低いところにあるので、キャリーが伸びると思いがちですが、ショットアイアンでは落下の角度は垂直に近くなるので、フラットなホールと同じ番手のクラブで大丈夫です。

 

ミドルアイアン以上であれば、打ち下ろしの分キャリーが伸びると考えましょう。目安としては高低差10メートルで1番手分キャリーが伸びます。

 

ただし、高低差が10メートル以上であっても、同じ比率でキャリーが伸びるわけではないので注意が必要です。

 

また、打ち下ろしのホールではキャリーが伸びますが、反対にランが出なくなるためボールが止まりやすくなります。

 

それにより、打ち下ろしでは打ち上げやフラットなホールよりグリーンを捉えやすいということも覚えておいて下さい。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方