ゴルフスイング|ショートホールの攻め方

大きい番手を使ってピンの上から落とす

ゴルフスイング,基本,上達

打ち上げのショートホールのティーショットで出やすいミスは、ドライバーでの打ち上げのティーショットと同じです。

 

目線が上を向いたり、ボールを高く上げようとして体の左サイドが伸び上がり、ボールを右に打ち出してしまうミスです。

 

 

 

これを防ぐには、やはりドライバーと一緒で、目標が自分の足場と同じ高さにあると想定して目線を水平にし、その状態をキープしつつ、いつも通りのスイングを心掛けることです。

 

クラブの番手は、打ち上げの分だけキャリーが出ないので、1番手大きいものを使います。ただし、大きい番手を使うとグリーンに対して浅い角度でキャリーするため、いつもよりランが出てグリーンの奥にボールがこぼれる可能性があります。

 

打ち上げのショートホールでは、意図的にボールを高く上げてグリーンを狙うのもマネジメントの一つとなります。スイングを変えるのではなく、ボールの位置を半個だけ左にずらして、ティーアップを少し高くして構えましょう。

 

つまり、いつもと同じスイングをした時に、最下点を過ぎてからボールをヒットするように構えるのです。

 

こうすれば、ロフトが寝た状態でインパクトするので、ボールは高く上がります。その分だけキャリーが減るので番手を上げる必要があるのです。

 

打ち上げのホールでは、ナイスショットしたと思ってもピンよりかなり手前でボールが止まることがよくあります。

 

フラットなホールならばピンに対して手前にキャリーさせ、あとはランで転がり寄せるのがセオリーですが、打ち上げのホールではピンの上からボールを落とすイメージのほうが距離も合ってきます。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方