ゴルフスイング|ショートホールの攻め方

パーオンにこだわらずに2オンを視野に入れる

ゴルフスイング,基本,上達

ショートホールの中には200ヤードを超える長いホールも存在します。

 

距離に反比例してグリーン周りはバンカーやハザードが無かったりと難易度は低くなる傾向にありますが、だからといってグリーンに乗る確率が高くなるというわけではありません。

 

 

なぜなら、200ヤードを超えるようなショートホールでは、ティーショットにロングアイアンやユーティリティー、場合によってはフェアウェイウッドを使わなければならず、そうなると左右のブレも大きくなるからです。

 

ショートアイアンやミドルアイアンであれば、グリーンセンターを狙っていけば左右のどちらかに打球がブレてもグリーンオンする確率は低くはありません。

 

しかし、番手が大きくなるにつれて左右のブレが大きくなり、センターを狙って打ったとしてもグリーンを外す確率は高くなります。

 

左右のどちらかに入れてはいけないエリアがある場合には、リスクを犯してピンに届く番手を使うより、短い番手で刻んだほうが、むしろスコアの安定度は格段に高くなります。

 

短い番手を使えば、とうぜん左右のブレ幅は小さくなり、ある程度は狙い通りに打つことが出来ます。そうした番手を使って出来る限りアプローチが寄せやすい場所を探し、ティーショットを打っていきましょう。

 

自分の得意なアプローチが使えそうなライや距離のエリアを探し、上手くボールを運べると、アプローチで寄せワンのパーを拾える確率が高まります。

 

たとえアプローチで寄せ切れなくても、2オン2パットのボギーに収めることは決して難しいことではありません。

 

シングルクラスの上級者であっても、200ヤードを越えるようなショートホールではなかなか狙ってパーは拾えません。

 

アベレージゴルファーはなおさらで、このようなホールではボギーで十分、パーを拾えたら上出来と考えましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方