ゴルフスイング|ショートホールの攻め方

絶対に奥にこぼれない番手を使う

ゴルフスイング,基本,上達

グリーン奥はハザードがない場合でも、多くの場合は避けるべきエリアとなります。ショートホールのグリーンは多くが受けグリーンであり、奥にこぼした場合には下りの難しいアプローチが残るケースが多くなるからです。

 

しかも、グリーンの奥は逆目のライになる場合が多く、それが難しい状況をさらに難しくさせている場合もあります。

 

そうしたことを考えると、やはりグリーンの奥にこぼすことは基本的に避けたいものです。

 

そうした状況では、ピンの位置にかかわらず、センターに届く番手より長いクラブを持たないことが、最善の選択肢となります。

 

そして、グリーンのセンターに仮想ピンを立ててイメージを出します。仮想ピンに合わせた番手を持っているので、強く打ったり緩めたりする必要はありません。

 

ただし、グリーン奥を避ける場合に短めの番手を使ったとしても、トップしてスピンがかからず、ランが出て避けたはずのグリーン奥にボールがこぼれる危険はあります。

 

これを防ぐためには、ボールを拾うのではなく、上からダウンブローでボールを捉える意識を持つことが大切です。

 

ダウンブローというと、上級者向けの難しい打ち方のように感じますが、決してそうではなく、トップしてもある程度の打球の高さが出てそこそこスピンが利く、むしろやさしい打ち方ともいえます。

 

だからこそ、アベレージゴルファーであってもダウンブローの意識を持ってスイング作りをするべきですし、練習さえすれば誰にでも出来る打ち方なのです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方