ゴルフスイング|ショートホールの攻め方

ハザード以外にも避けるべきエリアを見つける

ゴルフスイング,基本,上達

ショートホールはミドルホールやロングホールに比べて、パーのチャンスが大きくなるように設計されているわけではありません。

 

他のホールと同じように「パーを取りづらくするような罠が必ずどこかに仕掛けられている」ことを前提に攻略方法を考えて、他のホールと同じようにOBや池の方向は徹底的に避けるなど、避けるべきエリアは完全に避けるようなマネジメントが求められます。

 

また、ミドルホールのティーショットでは「グリーンが狙えるバンカーなら入れてもいい」という考え方もありますが、グリーン周りではその考え方も変える必要があります。

 

できれば、グリーンを外したときにはアプローチでピンに寄せて、湾パットでパーを拾いたいのがショートホールですから、それをするには足を使えるアプローチが有利になります。

 

なので、ピンに近い位置のバンカーやラフは極力避けるべきハザードになります。

 

OBや池、入れてはいけないバンカーやラフが右サイドにある場合は、まっすぐにグリーンのセンターを狙っても、右サイドに外すという不安がある時は、右サイドにティーアップしてグリーンの左サイドを対角線で狙っていきます。

 

大きい番手のほうが方向がばらつきやすいので、その度合いに応じて狙いを左にずらして対応しましょう。

 

反対に、左サイドに入れてはいけないエリアがある場合には、左サイドにティーアップしてグリーンの右サイドを狙っていきましょう。

 

スライスが出やすい人は左サイドからグリーンセンターへ打ち出すのも有効な狙い方となります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方