ゴルフスイング|ゴルフ上達

ショートホールはやさしいとは考えない

ゴルフスイング,基本,上達

アベレージゴルファーは、距離が短いショートホールにくるとパーやバーディーを狙って気合を入れがちですが、ミドルホールやロングホールと違って、ショーホールはティーショットを失敗するとリカバリーのチャンスは2回しかありません。

 

ティーショットを難しいライに打ってしまうと、そのボールを上手く拾ったうえで、絶妙のタッチで寄せるか、長いパーパットを何とかねじ込むかでしかパーを拾うことが出来なくなります。

 

それどころか、木の根元や難しいバンカーに入れてしまったりしたら、グリーンに乗せるだけでも2打、3打とかかってしまい、パッティングに入る前にボーギーやダブルボギーが確定してしまう事さえあります。

 

逆に言うと、「入れてはいけないエリア」をしっかりと見極めて、避けるための対策を立てておけば、たとえティーショットでグリーンを外したとしてもパーを拾うチャンスは残せます。

 

パーを逃したとしても、比較的簡単にボギーで収める事が出来ます。

 

しかも、ティーアップしてほぼ平らなライから打てるのがショートホールのティーショットで、練習場で打てているボールをもっとも再現しやすい条件が整っています。

 

そのようなチャンスを生かすためにも、しっかりとリスク回避の対策を立てておきましょう。

 

ティーショットでそうしたマネジメントをすれば、標準打数が少ないぶん、パーないしバーディーを取りやすいのもショートホールの特徴であると言う事をしっかりと頭に刻んでおいて下さい。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ショートホールの考え方

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方