ゴルフスイング|ゴルフ上達

行ってもいいのか、いけないのかを決める

ゴルフスイング,基本,上達

ゴルフコースは、進行上の問題や設計者の意向として、多くのゴルファーにとって難しすぎるホールはあまり作られません。

 

ですので、左右両サイドにOBや池がある高難度のホールというのは、実際にそれほど多くは存在しないものです。

 

例え両サイドにこれらのハザードがある場合でも、そのどちらかは平均的な飛距離のドライバーショットでは入らないようになっているケースがほとんどです。

 

その代わり、左右どちらかがOBや池で、反対側に傾斜地やバンカーを配置しているホールは多く作られています。

 

こうしたケースでは、当然「入れば即ペナルティー」を払わなければならないOBや池は絶対に避けるべきハザードで、徹底的に避けるようにコース攻略を考える必要があります。

 

反対に、入れたくはないが例え入ったとしてもペナルティーを受けなくても良いハザードがバンカーや傾斜地で、これらのハザードに対する処理でティーショットのマネジメントが変わっていきます。

 

具体的にいうと、OBや池と同様に「絶対に入れてはいけないハザード」としてバンカーや傾斜地を設定するのか、「入れてもかまわないハザード」として設定するかの違いです。

 

バンカーや傾斜地からのショットに自信が無く、「絶対に入れてはいけないハザード」として設定するならば、どちらにも入れないようなティーショットをする必要があります。

 

ドライバーで打つのならばスイングをコンパクトにしてコントロールショットを打つのか、それにも自信が無い時には、これらのハザードに絶対に届かない番手を選択する必要があります。

 

逆に、バンカーや傾斜地からのショットが苦にならず、例え入ったとしてもリカバリー出来る自信があるならば、絶対に避けるべきハザードはOBと池だけになります。

 

このような場合には両サイドにハザードがあるティーショットでも紹介したように、自分の持ち球に合わせたハザード回避のためのティーショットを打っていきましょう。

 

その際に、入っても良いと設定したバンカーや傾斜地の存在は忘れるくらいのつもりで、大胆にティーショットを打っていきましょう。

 

スコアを大きく崩す要因となるのが「入ってはいけないハザードやエリア」に入ってしまうことです。

 

その危険を消しながらプレーすることが出来れば、良く言われる100や90の壁というのは、決して高いものではなくなるはずです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーショットのクラブ選択
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方