ゴルフスイング|ゴルフ上達

必ずしもドライバーである必要は無い

ゴルフスイング,基本,上達

アベレージゴルファーのスコアが伸び悩む原因の1つに、ティーショットでのクラブ選択があります。

 

多くのアベレージゴルファーは、ミドルホールやロングホールのティーショットでは、コースロケーションや距離を考慮に入れずにドライバーを握ってしまう傾向にあります。

 

しかし、ドライバーが絶対に必要なのか、他のクラブでという選択肢が無いのかを落ち着いて考えると、今まで見えなかった攻略ルートが見えてきます。

 

もちろん、短いホールではそれほど飛距離が必要ではないのでドライバーを使わないという選択肢も出てきますが、例えある程度の距離があるホールでも、もう1度クラブ選択を考えてみる事をおすすめします。

 

ここではクラブの特性を考えながらクラブ選択を考えてみたいと思います。

 

まずドライバーですが、全てのクラブの中で1番ロフトが立ち、なおかつ長いクラブです。もちろん当たれば最も飛距離の出るクラブではありますが、ロフトが立っているということはそれだけ捉まりにくいクラブだとも言えます。

 

それに対して5Wなどはシャフトが短く、ライ角がドライバーに比べてアップライトでロフトは寝ています。それだけ性能的にはボールを捉まえやすいクラブと言えます。

 

このことは、ウッド全てが同じコンセプトで作られた同モデルのシリーズで揃えていても当てはまります。

 

こうした番手ごとの特性を考慮すれば、例えば右にOBゾーンがあるホールでは、このような短めのウッドを使うことで右へのミスを減らす事が出来ます。逆に、左に打っては行けないが右に危険なゾーンが無いホールでは積極的にドライバーを使っていけば良いのです。

 

つまり、真っ直ぐ打てれば最高だが、クラブの特性に応じて出したくないミスの危険性を減らすという保険をかけたプレーをすることで、スコアを崩す危険性をあらかじめ減らすことが出来るのです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


ティーショットのクラブ選択

無理に飛ばそうとしない
ドライバーはやさしいクラブと理解する
ドライバーの射程距離を意識する
構えるのは向きを確かめてから
ティーグラウンドは平らではない
ティーアップを工夫する
ドックレッグのティーショット
風の強いときのティーショット1
季節に応じたティーショットを
右サイドにハザードがある時のティーショット
両サイドにハザードがあるティーショット
左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー
ホールの距離に応じた考え方
ロングホールのティーショット
距離の長いミドルのティーショット
風の強い日のティーショット2
サイドからの風が強いときのティーショット
ドッグレッグの攻め方
打ち上げホールのティーショット
打ち下ろしホールのティーショット
ショートホールの考え方
ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用
ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある
ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある
ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン
ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール
ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン
ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール
ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール
ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール
ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法
ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方