ゴルフスイング|ゴルフ上達

ティーショットでのスコアメイク記事一覧

無理に飛ばそうとしない

100を切る、90を切るといった壁に当たって、なかなか乗り越えられない人には「ドライバーが苦手」という人が多くいます。ドライバーの調子がよければ90台前半で回ることが出来るのに、調子が悪いと100を叩いてしまうといったパターンが多いのも、ドライバーを苦手としている人の特徴です。「ドライバーさえよけれ...

≫続きを読む

ドライバーはやさしいクラブと理解する

アベレージゴルファーは、ドライバーは難しいクラブと考えて、苦手クラブとしている場合が多くあります。たしかにドライバーは全番手の中でも最も長いクラブで飛ばす距離も長いので、難しいクラブと思ってしまうことが良くあるようです。しかし、上級者はアベレージゴルファーとは逆に「ドライバーは最もやさしいクラブ」と...

≫続きを読む

ドライバーの射程距離を意識する

ティーショットの狙い所を決める時に、まず最初に探さなければならないのが「打ってはいけない方向」です。当然OBや池、林があるのならばそれはもちろん打ってはいけない方向になりますし、バンカーや深いラフも避けるべきである。こういったハザードに行かない方向を探して、構える向きを決めるのがティーショットの方向...

≫続きを読む

構えるのは向きを確かめてから

ティーグラウンドには必ず2つのティーマーカーが設置されており、アマチュアゴルファー(特にアベレージゴルファー)の多くが、このティーマーカーの方向を基準にして構えを作っています。しかし、これは大きな間違いです。なぜなら、ティーマーカーは必ずしもフェアウェイに対して真っ直ぐ設置されているとは限らないから...

≫続きを読む

ティーグラウンドは平らではない

よく「コース内では、ティーグラウンド以外に平らな場所はない」と言われますが、これはコースにおいて、練習場のような平らで打ちやすい状況があまり無いことを指して言います。しかし、実際にはティーグラウンド以外ではなく「ティーグラウンドも含めて」と考えるべきなのです。コース管理上の話になりますが、完全に平坦...

≫続きを読む

ティーショットのクラブ選択

アベレージゴルファーのスコアが伸び悩む原因の1つに、ティーショットでのクラブ選択があります。多くのアベレージゴルファーは、ミドルホールやロングホールのティーショットでは、コースロケーションや距離を考慮に入れずにドライバーを握ってしまう傾向にあります。しかし、ドライバーが絶対に必要なのか、他のクラブで...

≫続きを読む

ティーアップを工夫する

いつも同じように構えて、同じようなスイングを目指してプレーするという考え方は一理あり、ゴルフにおいては理想に近いプレースタイルですが、実際にプレーすると同じ構えは出来ても同じスイングは出来ないことはしばしば起きます。ゴルファーであればその事は身に染みていると思います。いつも同じようなスイングを再現す...

≫続きを読む

ドックレッグのティーショット

日本で多いタイプである山岳コースや林間コースでは、木々を切り開いて作られるため、ドックレッグしているホールが多くなる傾向があります。山岳コースの場合には、ドックレッグに高低差が加わり、さらに攻略が難しくなります。このようなコースでは両サイドから木が張り出しているので、2打目でグリーンを狙えるエリアが...

≫続きを読む

風の強いときのティーショット1

河川敷やシーサイドコースでは、海風や河の流域を吹き渡る風のがゴルファーを悩ませます。特に冬は風も強くなり、体感温度を大きく下げるためプレーが非常にしにくい状況になります。しかし、「風が苦手で、風が強い日のプレーは嫌だ」と思ってしまっては、なおさらプレーがつらくなってしまいます。風が強く吹いている時は...

≫続きを読む

季節に応じたティーショットを

コースマネージメントというと、ホールレイアウトを基準に考えて、バンカーや林などを避けるにはどうすれば良いか?また、ティーグラウンドからグリーンまでの高低差は何ヤードかなどという事を考えがちです。もちろんこの考え方はコースマネージメントを考える上では基本となる考え方ですが、ここでもう一段階上がって考え...

≫続きを読む

右サイドにハザードがある時のティーショット

スライスが持ち球のプレイヤーにとって、ホールの右サイドにOBや池、バンカーなどのハザードがあるホールでのティーショットは嫌なものです。それらのハザードから遠く離れようとしてティーグランドで左サイドにティーアップをしてしまうケースがよく目につきますが、左サイドに立つと右側のハザードが視界の中により多く...

≫続きを読む

両サイドにハザードがあるティーショット

左にOB、右に池というホールではどうしても「曲げてはいけない。「真っ直ぐに飛ばさなければ。」といった考えになりやすいですが、そのような考え方ではショットのハードルを自分で高くしてしまっているようなものです。自分の球筋が決まっているならば、その球筋を利用してハザードを避けるようにマネジメントするべきで...

≫続きを読む

左右のどちらかにOBや池、反対側に斜面やバンカー

ゴルフコースは、進行上の問題や設計者の意向として、多くのゴルファーにとって難しすぎるホールはあまり作られません。ですので、左右両サイドにOBや池がある高難度のホールというのは、実際にそれほど多くは存在しないものです。例え両サイドにこれらのハザードがある場合でも、そのどちらかは平均的な飛距離のドライバ...

≫続きを読む

ホールの距離に応じた考え方

ホールの距離から自分のドライバーの飛距離を引けば、セカンドショットでの残り距離は簡単に計算出来ます。つまり、ティーショットを打つ前から、セカンドショットで使う番手のイメージを持っておくことが出来るのです。スコアをまとめるためには、常に次やその先のプレーをイメージしておく事が非常に大切になってきます。...

≫続きを読む

ロングホールのティーショット

全18ホールあるゴルフコースの中でも、ロングホールはアマチュアにもパーあるいはバーディーを狙いやすいホールです。ティーショットで距離を稼ぐ事が出来れば、セカンドショットがそこそこだったとしても、サードショットの残り距離は、たいていはショートアイアンかミドルアイアンでもグリーンを狙える距離になります。...

≫続きを読む

距離の長いミドルのティーショット

400ヤードを超えるような長いミドルホールでは、最初からパーオン狙わない攻め方をする必要が出てくる場合もあります。なぜなら、無理に「2オン2パット」のパーを狙うことが、スコアを乱す原因になりうるからです。ミドルホールでは距離が長くなればなるほど、必然的にセカンドショットでグリーンを狙う時に持つクラブ...

≫続きを読む

風の強い日のティーショット2

ゴルフでは、風は戦うものではなく味方につけるものと説明しました。アゲインストなどの風に逆らおうとしても、なかなか対抗できるものではありません。風を読むとき、グリーンの傾きのようなものとしてイメージします。フォローは下りのパットでいつも通りに打っても距離は自然といつもより伸びていきます。反対にアゲイン...

≫続きを読む

サイドからの風が強いときのティーショット

風の強い日のティーショットでは風の影響について、パッティングの際のグリーンの傾斜をイメージしようと言いましたが、これは結局は風にいくら逆らおうとしてもムダだということを説明したものです。しかし、横風にたいしては若干の抵抗が可能になります。なぜかというと、パッティングは打ち出すボールの位置を変えること...

≫続きを読む

ドッグレッグの攻め方

ドッグレッグしているホールを上手く攻略出来るかは、ティーショットの方向性はもちろんですが、加えて飛距離の把握と安定性も重要になります。大きな問題となるのが、ドッグレッグのコーナーまでの距離です。打ち上げや打ち下し、風などを考慮して、コーナーまで届かないならばコーナーギリギリのラインを狙うような攻め方...

≫続きを読む

打ち上げホールのティーショット

打ち上げているホールのティーショットには、いくつかの罠が潜んでいます。普段の弾道の高さを無意識に地面からの高さでイメージしていると、打ち上げホールでは先に向かって地面が高くなっていくため、弾道のイメージもそれにつられていつもより高くなり、目線や意識が高いところに誘導されてしまいます。そうした感覚のま...

≫続きを読む

打ち下ろしホールのティーショット

弾道のイメージを頭の中に描くことは、ショットの成功率を高めるための大切なことです。自分の飛距離に応じたキャリー地点までをを結んだアーチ状のラインをイメージすることで、いつもの自分の動きと力感でスイングすることが出来るのです。ただし、そのアーチをワンパターンのいつもの形としてティーグラウンドで視界に当...

≫続きを読む

ショートホールの考え方

アベレージゴルファーは、距離が短いショートホールにくるとパーやバーディーを狙って気合を入れがちですが、ミドルホールやロングホールと違って、ショーホールはティーショットを失敗するとリカバリーのチャンスは2回しかありません。ティーショットを難しいライに打ってしまうと、そのボールを上手く拾ったうえで、絶妙...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方@ 左右に避けるべきハザードがある

ショートホールはミドルホールやロングホールに比べて、パーのチャンスが大きくなるように設計されているわけではありません。他のホールと同じように「パーを取りづらくするような罠が必ずどこかに仕掛けられている」ことを前提に攻略方法を考えて、他のホールと同じようにOBや池の方向は徹底的に避けるなど、避けるべき...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用

自分がよく行くコースに、右にハザードがあるショートホールがある場合には、練習場などで絶対に右に行かない打ち方を練習しておけば、使える武器になります。ティーアップを高めにして、つま先上がりと同じ状況にして構えたり、ボールを右に置いてボールがつかまりやすいようにしたり、フェースを閉じて構えるなどの方法が...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方B グリーン手前に避けるべきハザードがある

グリーンの手前や奥に避けるべきハザードがある場合には、番手選びでそれらを避けることが出来ます。ハザードに入れるのを絶対に避けるのであれば、まずはピンの位置を意識から外しましょう。「ハザードには入れたくないが、ピンには寄せたい」という中途半端な考え方では、イメージが漠然として狙いが定まりません。グリー...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方C グリーン奥にハザードがある

グリーン奥はハザードがない場合でも、多くの場合は避けるべきエリアとなります。ショートホールのグリーンは多くが受けグリーンであり、奥にこぼした場合には下りの難しいアプローチが残るケースが多くなるからです。しかも、グリーンの奥は逆目のライになる場合が多く、それが難しい状況をさらに難しくさせている場合もあ...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方D 番手間の距離にあるピン

ピンまでの距離がちょうど2つの番手の中間にある場合には、選択として2つの打ち方が考えられます。●短めのクラブでしっかり打つ●長めのクラブで軽く打つショートホールの攻め方A 左右にハザードがあるときの応用で、短めのクラブでしっかり打つと左に、長めのクラブで軽く打つと右にそれぞれミスが出やすくなると説明...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方E 風の強い日のショートホール

風の強いときのティーショット@や風の強い日のティーショットAでは、ショットの際には風をケンカするのではなく、味方につけるということを言いましたが、その発想はショートホールのティーショットでも同じことです。ドライバーでも風に勝つことは出来ないのに、それよりも弾道の高いアイアンでは、なおさら風に勝つこと...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方F 横に長いグリーン

グリーンの形を見て、難しそうと感じたり、逆にやさしそうと見えるときもある。たとえば、横に長く見えるグリーンであれば、まず考えるべきなのが、そう見えるだけかもしれないということです。カートなどにグリーンの形状やピン位置を示す図などがあるときには、しっかりと形状を確かめてみましょう。コース図には、グリー...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方G 距離の長いショートホール

ショートホールの中には200ヤードを超える長いホールも存在します。距離に反比例してグリーン周りはバンカーやハザードが無かったりと難易度は低くなる傾向にありますが、だからといってグリーンに乗る確率が高くなるというわけではありません。なぜなら、200ヤードを超えるようなショートホールでは、ティーショット...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方H 打ち上げのショートホール

打ち上げのショートホールのティーショットで出やすいミスは、ドライバーでの打ち上げのティーショットと同じです。目線が上を向いたり、ボールを高く上げようとして体の左サイドが伸び上がり、ボールを右に打ち出してしまうミスです。これを防ぐには、やはりドライバーと一緒で、目標が自分の足場と同じ高さにあると想定し...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方I 打ち下ろしのショートホール

打ち下ろしのホールの場合、風が吹いているときなどはボールの滞空時間や距離が長くなるため、フラットなホールよりも風の影響を受けやすくなります。こうしたショットでは、意図的に低いボールを打てると有利にコースを攻めることが出来ます。しかし、無理やり低いボールを打とうとすると体が左に突っ込み、極端なアウトサ...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方J 縦に長いグリーンの攻略法

縦に長いグリーンというのは、左右の幅が狭く見えるため難しく感じるものです。精神的にもプレッシャーがかかりやすい、こんな状況ではピンに寄せたりグリーンに乗せたりすることにこだわらずに、グリーンマ周りも含めて狙うエリアを探したほうが得策です。横幅が狭く、その両方がハザードに囲まれているエリアもあるかもし...

≫続きを読む

ショートホールの攻め方K ピン位置に合わせた狙い方

ショートホールのティーショットを含めて、グリーンを狙うショットは「グリーンのセンターを狙う」がセオリーですが、よりよいスコアを目指すなら、そのセオリーは一旦横に置いて、ピンを果敢に狙っていかなければならない、また狙いたい場面は必ずあります。「この番手なら狙いを外しても、誤差は10ヤード以内に収めるこ...

≫続きを読む

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ