ゴルフスイング|パターの転がり

スピードは一定で、ヘッドが低く引いて低く打ち出す

ゴルフ上達法,練習法

パッティングで一番大切なことは、ヘッドを一定のスピードでライン上をまっすぐに動かし、ヘッドの芯でボールの芯を真横から打つことです。

 

パターでボールを正しく打つことができると、打つ距離によって若干は変わってきますが、ボールはだいたい10〜20センチは回転しないで芝の上を滑っていきます。これがもっともスピードの一定した、転がりの良いボールとなります。

 

転がりの良いボールを打つのは、テークバックとフォロースルーを低く取る必要があります。

 

テークバックとフォロースルーを低く取るためのストロークのコツは、手先ではなく肩の回転で振り子のように振っていくことです。

 

地面に沿って引いていこうとすると、手先だけで引っ張りがちですが、安定性と再現性を求めるなら肩の回転で打っていくのがベストな方法です。

 

まっすぐなストロークをするにはでも説明しましたが、パッティングのストロークでは肩は縦回転します。

 

テークバックでは左肩を飛球線上の後方へ押し込まなければ低くテークバックを取ることは出来ず、フォロースルーでは右肩を前方に押し込んでいかなければ低いフォローを出すことは出来ません。

 

また、振り降ろしたパターヘッドのスピードをそのままボールに乗せる事も大切です。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ