ゴルフスイング|パターのストローク

左右対称の振り子運動で肩を縦回転させる

ゴルフ上達法,練習法

引っかけたり、押し出したりするのは、ヘッドを正しく動かせていないことから起こるミスです。

 

ショットに比べて、パットはほんのわずかなスイング幅であるのに、ほんの小さなミスが大きく結果を左右します。

 

 

 

 

パッティングは背骨を軸として、両肩と両肘、グリップを結んで出来る五角形をキープして、肩の縦回転でストロークします。なるべく右手首の角度を変えないようにするのも大切です。

 

つまり、振り子のようにスイングするわけですが、ストローク中は意外なほど肩が上下運動します。

 

テークバックでは左肩がわずかに下がり、右肩は上がります。反対にフォロースルーでは左肩が上がって右肩は下がります。

 

これが正しく振り子スイングしたときの肩の動きになります。

 

テークバックとフォロースルーを同じ大きさにして、後頭部の首のつけ根を軸に両肩を縦回転させるのです。

 

細心の注意を払って、まっすぐにヘッドが振っているつもりでも、微妙に狂っている時は、クラブのシャフトのような直線の目安になるものをグリーン上に置いて、それに沿ってヘッドを動かす練習をしましょう。

 

少なくとも、ヘッドが両足の間を通過するときには、ヘッドがライン上をまっすぐに動いているかどうかはチェックしましょう。

 

ボールをラインに対してまっすぐ打ち出すには、まっすぐなストロークは欠かせないのです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ