ゴルフスイング|パターのストローク

手首の角度をキープして右手1本で打つ

ゴルフ上達法,練習法

パットは非常にデリケートな感覚が必要です。そのデリケートな感覚を出すためにも、グリップは自分のフィーリングが1番伝わるものを選択するべきです。

 

グリップにはいくつか種類がありますがおすすめは「逆オーバーラッピング」です。

 

 

 

一般的には右手が利き手の人が多いので、右手の指を全て使うことにより、利き手のデリケートな感覚を最大限に出せるこの握り方がおすすめなのです。

 

さらに、力一杯握ったのでは頭の中に描いたイメージが利き手に伝わりません。

 

グリップはゆるく握るよう意識しましょう。特に主役となる右手は力を入れすぎないようにします。

 

右手は「駆動」の役割を、左手は「支え」の役割と考えましょう。

 

柔らかくグリップすることが出来たら、次はストロークです。

 

感覚としては、右手1本で振る感覚で振ります。この時に右手の手首の角度を変えないようにしましょう。

 

「パットに型なし」といわれますが、この右手の形には意識を持ちましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ