ゴルフスイング|バンカーショットの基本

フィニッシュの位置と形をしっかりとイメージしよう

ゴルフスイング,バンカーショット,基本

バンカーショットを苦手としている人に多い共通点は、バンカショットのイメージがしっかりと出来ていないということです。

 

これは、バンカーショットに限らず、フェアウェイやラフからのショットでも同じことなのですが、芝生の上からならショットのイメージを作ることが出来る人でも、なぜか砂の上のボールを打たなければならない時に、急にショットやスイングのイメージが出来なくなるのです。

 

ここで覚えておきたいのは、バンカーショットではトップやイインパクトではなく、どの位置でどのようなフィニッシュを取るかを、しっかりとイメージしておくことです。

 

このイメージが出来れば、大きなミスは防ぐことが出来ます。ボールを打つことばかりに集中してしまうと、芝生の上からのショット以上にバンカーショットを上手く打つことは難しくなってしまいます。

 

バンカーショットを成功させるコツは、ショットの前にしっかりと自分が取るべきフィニッシュをイメージし、そこまでスイングを緩めずにしっかりとクラブを振り抜いていくことです。

 

インパクトからフォローにかけて振り抜くことに集中すれば、自然に右手が伸びて腕のローテーションを使うことが出来ます。

 

これが出来れば、バンカーからのミスの大部分は防ぐことが出来るのです。

 

どんなにグリーンから近いバンカーショットでも、手先だけで打っていたのではミスは必ず出ます。

 

必ずトップとフィニッシュをしっかりとイメージし、スイングを緩めずに強い気持ちで振り抜くことを心掛けて下さい。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ