ゴルフスイング|バンカーショットの基本

テークバックで左ひざをアドレスの位置でキープする

ゴルフスイング,バンカーショット,基本

バンカーショットは特殊なショットであり、それゆえにスイングも特殊な打ち方が必要だと思いがちですが、決してそんなことはありません。

 

むしろ、その考え方がバンカーショットをなおさらに難しくしていると言えます。

 

 

 

バンカーからのショットだからといって特別なスイングは必要なく、通常のウェッジショットの要領で素直にクラブを振り抜いていきましょう。

 

この時に注意が必要なのが、テークバックで体を右に流さないようにするということです。

 

スイングは大きくなることはないので、テークバックで体が流れると、ダウンスイングで動いた体を元の位置に戻すことが出来なくなります。そうするとボールのかなり手前からヘッドが砂に入ることになり、正確な距離感や方向性を出すのが難しくなってしまいます。

 

このようなミスを無くすためには、スイングを始動してからの左ひざの位置に注意します。

 

左足をアドレスの位置でキープし、左のひざが右に流れるのを我慢しましょう。

 

左ひざが動いてしまうと、横や上下のブレに繋がってしまいます。

 

テークバックはなるべくスムーズな始動を心掛けましょう。そのための練習をご紹介します。

 

バンカー内にアドレスして、構えたクラブのフェースの上に砂を乗せてテークバックをします。急に手首をこねたり、大きくひざが流れるようだと、この砂がフェースから落ちてしまいます。

 

なるべく長い間フェースの上に砂を乗せたままクラブを引けるように練習しましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ