ゴルフスイング|ランの出るアプローチ

腕の振りに合わせて右ひざを中に送る

ゴルフスイング,アプローチ,基本 

アプローチでイメージ通りにボールを打てておくのに、なぜかショートしてしまうときや、もう少しだけ球足を出したい時があります。

 

ボールを上げたいときには右ひざを止めて打ちますが、球足を長く出したいときには逆に右ひざを送り込んでいくようにします。

 

右ひざを送り込むと、クラブの入射角が緩やかにになりスピンの量が減ります。そうすると球足の長い、転がして寄せるアプローチが出来ます。

 

トップからダウンにかけて腕を振り下ろしながら右ひざを送り込んでいきますが、ここで注意したいのは右ひざを前に突き出さないことです。

 

右ひざを左ひざにくっつけるように寄せるとひざの高さがキープされ、ダフリやトップのミスを防ぐことが出来ます。

 

この時に右足のかかと側を全部浮かせて、足裏を飛球線後方に向けるのではなく、右足の内側全体を地面に押し付けるように左へ寄せていきます。

 

右ひざを止めて我慢するスイングほどの難しさはありませんが、フットワークを使いすぎてインパクトがバラバラになる危険性がありますので、右ひざの送りを使いながらも、両ひざをくっつけるようにして高さを変えないように意識しましょう。

 

ピンが2段グリーンの奥側にあるときなど、いつもよりもランを稼ぎたい時に有効あテクニックになります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ