ゴルフスイング|ストップボール

歯切れよくピタッとボールを止める

ピッチショットでも言いましたが、ボールを止めたいときには、ダウンで右ひざを止めるようにします。

 

右ひざを止めると、球筋が高くなってランの少ないボールになります。

 

通常、アプローチショットではスタンス幅を狭くしますが、このアプローチではスタンス幅を肩幅よりも広くとります。

 

アドレスでは右足のつま先を外に向けて、同時に右ひざも外に向け右ひざが送り込まれるのを防ぎます。

 

スイング中にガニ股をキープし続けるよう意識します。

 

このようにスタンスを作ったら、あとはピッチショットと同じ要領で手首を柔らかく使い、早めにコックを使ってクラブを振ります。トップでもフィニッシュでもクラブを高く納めるようにします。

 

この打ち方はグリーン周りでピンが近い状況のラフや、ピンまで下り傾斜から少しでもボールを上げてランを少なくしたい時に使用します。

 

その他にも、普段からボールが止まらないと感じている人は、この右ひざを止めるためのガニ股のスタイルを試してみて下さい。

 

ダウンスイング以降に体が左へ突っ込まないようになり、ヘッドがボールの真下を歯切れよく振り抜けるようになり、ランの少ない球筋になります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ