ゴルフスイング|腕の使い方

しっかりと体で打って方向性を良くする

ゴルフ上達法,練習法

ショートアイアンは短くて扱いやすいクラブである反面、ついスイングの基本を忘れて、手先だけで打ってしまいがちなクラブです。

 

基本を大切にしてアドレスでは背筋をしっかりと伸ばし、棒立ちにならないように適度な前傾角度を保つことを心掛けましょう。

 

アドレスでの手を体の間隔は他のクラブと同じで、短いからといって手を近くに寄せすぎないように注意しましょう。

 

シャフトが短いぶんだけボールと体の間隔は近くなっているので、前傾角度は他のクラブに比べて深くなっています。

 

ショートアイアンでよく見られる間違いに、ボールと体の間隔が遠すぎるということがあります。

 

そのため、手があごから垂直よりも外に突き出てしまい、クラブの長さに対してスイングがフラットになりすぎ、フェースの向きが狂いやすくなります。

 

ショートアイアンを持つときは、体とボールの間隔に注意しましょう。

 

さらに、スイングもコンパクトにすることを心掛けることが大切です。

 

トップの高さは、リストを右肩の位置で納めるようにしましょう。ショートアイアンは飛ばすためのクラブではないため、必要以上に大きなスイングをする必要はありません。ましてや、シャフトが地面と平行以上に上がるようなオーバースイングは厳禁です。

 

スイングも、手打ちではなく体の回転をしっかりと使って、クラブの重さを感じながらリズミカルにクラブを振っていきましょう。

 

クラブが短いので手で操作しがちですが、体の回転を重視してワンピースに振っていくことが大切です。

 

スイング中にスピードを緩めたり、逆に上からボールを叩きつけてインパクトで止めたりしないようにしましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ