ゴルフスイング|ショートアイアンの打ち方

そこそこ寄れば・・ではミスが出る。積極的に目標を狙おう

ゴルフ上達法,練習法

クラブの長さなどを考えても、一番扱いやすいのがこのショートアイアンです。

 

残りの距離がショートアイアンを持てる距離であれば、目標を狙える人はかなり多くなると思います。

 

 

 

その点を考えても、ショートアイアンはもっとも攻撃的、積極的にターゲットを狙うクラブと言えます。

 

通常は、リカバリーショットやアプローチショットで多く使用するクラブなので、守りのクラブと思われがちですが、ショートアイアンの出来次第でスコアが大きく変わってきますので、精度を上げて積極的に攻めるクラブにしたいところです。

 

ショートアイアンの特徴は、他のクラブに比べてボールを捉えるときに、ダウンブローの度合いがかなり強くなることです。

 

ロングアイアンやミドルアイアンと違って、インパクト時の入射角がきつくなり、ボールを上から捉えることになるので、打ち方はフェースがボールに当たってからターフを削っていく打ち方になります。

 

ボールを上から捉えるには、ハンドファーストのアドレスを作る必要があります。

 

具体的には、アドレスでボールを両足の真ん中に置き、手は左足太ももの内側にします。これで手がボールより前に出た、ハンドファーストのアドレスになります。

 

この時に手が左に寄りすぎると、ハンドファーストの度合いが強くなってクラブの入射角が鋭くなりすぎます。こうなるとヘッドが抜けなくなります。さらにロフトが立ちすぎて正確な距離感が出なくなるので注意しましょう。

 

スタンス幅は、上体の動きが長い番手と比べて少なくなるので肩幅よりも若干狭くしておきましょう。

 

ただし、狭いといっても下半身の緊張感をなくさないように注意しましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ