ゴルフスイング|アイアンのティーアップ

番手ごとにティーの高さを変えてやさしく打つ

ショートコースでティーショットをアイアンで打つときには、なるべくティーアップすることをおすすめします。

 

芝生の上から直接打つよりも、難易度が格段にやさしくなるからです。

 

ショートホールでティーアップするのは、ミスを減らしてナイスショットの確立を高めるための有効な手段です。

 

通常のティーアップの高さは、ロングアイアンで半インチ(1.3センチ)程です。

 

ティーの高さは、短い番手になればなるほど低くしていきます。9番アイアンなら、ティーが芝の中に沈みこんでしまう位にしてティーアップしましょう。

 

ここで注意したいのは、あまりティーを高くし過ぎないことです。

 

アイアンショットに自信のない人ほど、ティーを高くする傾向がありますが、これは、自ら前上がりのライを作っているようなものです。

 

これでは短いアイアンほど引っかけボールが出やすくなってしまいます。

 

ショートホールのティーショットでグリーンを左に外してしまうことが多い時には、ティーを高くしすぎてみないかを確認してみましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ