ゴルフスイング|スイングリズム

打つから振る感覚に意識を変えよう

アイアンのスイング作りに大切なのは、「打つ」感覚から「振る」感覚へと意識を変えることです。

 

アイアンはドライバーと違って飛ばすことが目的ではなく、正確にボールを目標へと運ぶことが目的になります。

 

そのためには、ただ速くクラブを振ればいいということではありません。

 

常に一定のスイングリズムで、バランス良く振ることがポイントになります。

 

「自分のストロークのテンポを把握しよう」でも紹介しましたが、まずはメトロノームを使って自分のスイングテンポを把握しましょう。

 

この方法はパッティングの練習方法で紹介した方法ですが、同じ方法でアイアンやドライバーのスイングリズムを把握することも出来るので、ぜひ試してみて下さい。

 

この方法でリズムが掴めてくると、ボールを打つからクラブを振る感覚に意識が変わってきます。

 

さらに上達すると、クラブを振りボールを押して運ぶイメージが体感することが出来ます。

 

まずはアイアン上達の第一歩として、頭の意識を固定して、インパクトを強くせずに「気持ちよく振る」イメージでスイングすることを心掛けましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ