ゴルフスイング|ゴルフ上達

スイング強化の5ステップトレーニング

次の@からDのセットのトレーニングです。
全部しなくても、自分の目的に合ったメニューだけを選んでもいいですし、苦手とする部分の強化のために行っても構いません。

 

@ペットボトルを片手に持ち、腕を固定して手首を巻き上げる。握力をつけてグリップ力の強化と手首の力がアップして、スライスを軽減させることが出来ます。

 

A背後のテーブルにペットボトルを置き、身体を振り返って片手でペットボトルを取る。反対側も交互に行う。体幹の回転筋を鍛えてヘッドスピードを上げることが出来ます。

 

B水が入ったペットボトルを両手で持ち、左右片足ずつ立って素振りをする。ミート率を上げることが出来ます。

 

C大股開きストレッチで下半身の強化。ショットの方向性を安定させることが出来ます。

 

D片足立ちになり、足首だけで上下にスクワット。スイングを安定させることが出来ます。

 

フッカーは左手首を手のひら側に折って打てますが、スライスしてしまう人は左手首が甲側に折れてフェースが開くところにスライスの出る原因があります。

 

@の手首の巻き上げによって、左手首が甲側に折れにくいようにしましょう。

 

Aは回転スピードを上げるトレーニングです。

 

直立姿勢のまま、腰くらいの高さの背中側のテーブルの上にペットボトルを置きましょう。

 

上体を左右に回転させながらペットボトルをつかんだり置いたりの動作を、できるだけ速く繰り返します。

 

Bは左右のスエーを直すトレーニングです。

 

片足で立つと身体がスエーしては、すぐに倒れてしまいます。

 

バックスイングで右足の股関節で、ダウンスイング後は左の股関節で身体をしっかりと支える感覚をつかんでください。

 

Cのトレーニングは、両足を揃えて立ち、7番アイアンくらいの長さに片足ずつ前後左右に広げて腰を十分に落とします。

 

大股開きストレッチは股関節の可動域を拡大する効果があり、大腿筋やお尻の筋肉も強化されます。

 

Dのように足首を鍛えると、スイング中に下半身がふらつくことがなくなり、ミスショットが激減します。

 

足首はスイングを支える一番の土台です。

 

@は別にして、AからDまではバランス感覚を養うという共通の目的があります。

 

スポーツジムに出かけてハードな筋力トレーニングに励んで筋肉を大きくするよりは、身体が細く見えても瞬発力があり、それで筋力も高いのが理想です。
マリナーズのイチロー選手みたいに、柔軟性やバランス感覚に優れている身体がゴルフの上達に直結します。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ