ゴルフスイング|スタンスとヘッドの軌道

ウッドは広いスタンスでアッパーブローに大きく前に振る

フェアウェイウッドはクラブの円が大きくなり、ヘッドが緩やかな角度でボールに向かいます。

 

そのためスタンス幅を広めにとり、シャローで(横からの浅いアングル)で打ち込むのが理想的です。

 

横にヘッドを動かす力が強くなるので、前に大きく飛ばせるようになります。

 

もっとも長いクラブであるドライバーの場合は、スタンス幅はさらに広くなります。

 

その分だけ背骨が右に傾くので、下からアッパーブローにヒットして、前に高く打ち出す力を大きくすることが出来るようになります。

ウェッジは狭いスタンスでクラブを鋭角に振る

並べてみると分かりますが、ドライバーとウェッジとでは長さがかなり違います。

 

ですので、同じように振っても体からクラブヘッドが通るまでの長さが違います。

 

ウェッジは軌道の円が小さいため、体の正面から見るとヘッドは鋭角にボールに向かい、鋭角に振り抜けていきます。

 

そのためスタンス幅を狭くしてボールを体の中心に寄せるようにしてください。

 

スタンス幅を広くとってしまうと、ボールが左寄りになり、インパクトでクラブがボールに届かなくなってしまいます。

 

注意したいのは、手にしているクラブがドライバーでもウェッジでも、ボールの位置は必ず左カカトからヘッド1〜1個半内側に入れたところで固定し、スタンス幅は右足の開き具合で調整するようにしましょう。

 

 

 


【プロコーチ内藤雄士 監修】ヤマニ インパクトスティック PRO(YAMANI INPACT STIK PRO) TRMG NTF4(40)【新品】【楽ギフ_包装選択】fs3gm

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ