ゴルフスイング|ボールの位置とアライメント

ボール位置が正確ならフェースをスクエアに向けられます

ボールの位置が正しければ体の向きも正しい向きで構えることが出来ます。

 

さらにクラブを正しくセットして、フェースをターゲットに対して真っ直ぐに構えられます。

 

もし、ボールを正しい位置より左にずれると、クラブがボールに届かなくなるなるため、肩が前に出て体が左を向いたアドレスになってしまいます。

 

逆にボールが右にずれると、フェース面をまっすぐにした時には肩のラインは右を向いてしまいます。

 

練習場の鏡などを使って、常にボールが正しい位置にあるか確認して下さい。

普通のライならボールは体の真ん中〜左が鉄則

ボールの位置は、どの番手でも左カカトからクラブヘッド1〜1個半分内側に置きます。

 

ライが極端に悪いといった場合を除けば、ウェッジのようにスタンス幅が狭くなる時でも、ボールは体の中心より右には置かないで下さい。

 

ボールを体の中心より右に置くと、クラブのロフトが立ちフェースが右を向くアドレスになりやすくなり、ミスショットの出る確率が非常に高くなってしまいます。

 

特にボールを置いてしまいやすいのがピッチショットを打つときです。

 

ピッチショットの時にダフリを警戒しボールを右に置くケースが多く見られますが、それだとクラブが鋭角に落ちるので、クラブを入れられる角度が狭くなりミスが出やすくなります。

 

あくまでボールは体の真ん中〜左に置くことを基本にしてください。

 

 

 


ロイヤルコレクション TRI-ONE STICK トライワンスティク スタンダード

ボール位置が正しければ理想のインパクトを迎えられます

ボールの位置はアライメントに大きな影響を与えます。

 

もちろん、アドレス全般にも影響するし、さらにいえばスイングフォームにも影響を与えます。

 

たとえば、インパクトの形です。

 

ボールの位置が正しければ、理想的なインパクトを迎えられますがボールを右に置いてしまうと、手を前に出せなくなり、左手首が甲側に折れるという悪い手首の使い方になってしまうのです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ