ゴルフスイング|アドレスのボール位置

全番手とも左カカト内側で固定する

ボールを正しい位置に置くのは、意外に難しいことです。

 

特に、番手ごとにボールの位置を変えると、それがさらに難しくなりボールの位置が狂いやすくなります。

 

位置が狂うのを防ぐためにも、ボールの位置はどの番手も同じ位置で固定しましょう。

 

理想は左カカトからクラブヘッド1個分内側に入ったところです。

 

左カカトからクラブヘッド1〜1個半くらい内側の範囲で1番ショットが安定する場所を探して、そこでボールの置き場所を固定してください。

 

ボールの位置を番手ごとに変えると、アドレスやクラブのセットが狂いやすくなります。

 

ボールの位置を固定して、スタンス幅で調整するほうが正確に構える事ができます。

 

基準のスタンス幅は7番アイアンで作り、それより長いクラブを持ちときは右足を開いて構え、短いクラブを持つときは右足の幅を狭くして構えましょう。

 

あくまでも、ボールの位置は左カカトからクラブヘッド1〜1個半分内側の範囲で固定してください。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ