ゴルフスイング|ゴルフ上達

アライメント(向き)の基本記事一覧

アライメントの基準@

ボールを狙ったところに真っ直ぐ飛ばすには、目標に対して正しい向きで構える事が非常に重要なポイントになります。よくある間違いが、体を目標に向けてしまっているケースです。体を目標に向けて構えると、飛球線はターゲットより右にズレてしまいます。飛球線に対して平行に構えるのが、正しい体の向きだということを覚え...

≫続きを読む

アライメントの基準A

一般的なレイアウトのゴルフ場で、ティーショットで250ヤード先のフェアウェイセンターを狙う場合は、自分の左肩は左のラフか、フェアウェイの幅によってはさらに左を向きます。それくらい左を向く感じにならないと、ターゲットに対してパラレルレフトで構えられていないという事です。ドライバーは、体とクラブの距離が...

≫続きを読む

ボールの位置

ボールを正しい位置に置くのは、意外に難しいことです。特に、番手ごとにボールの位置を変えると、それがさらに難しくなりボールの位置が狂いやすくなります。位置が狂うのを防ぐためにも、ボールの位置はどの番手も同じ位置で固定しましょう。理想は左カカトからクラブヘッド1個分内側に入ったところです。左カカトからク...

≫続きを読む

スタンス幅とヘッドの軌道

フェアウェイウッドはクラブの円が大きくなり、ヘッドが緩やかな角度でボールに向かいます。そのためスタンス幅を広めにとり、シャローで(横からの浅いアングル)で打ち込むのが理想的です。横にヘッドを動かす力が強くなるので、前に大きく飛ばせるようになります。もっとも長いクラブであるドライバーの場合は、スタンス...

≫続きを読む

ボールの位置とアライメント

ボールの位置が正しければ体の向きも正しい向きで構えることが出来ます。さらにクラブを正しくセットして、フェースをターゲットに対して真っ直ぐに構えられます。もし、ボールを正しい位置より左にずれると、クラブがボールに届かなくなるなるため、肩が前に出て体が左を向いたアドレスになってしまいます。逆にボールが右...

≫続きを読む

アライメントの練習と確認方法

ボールの位置を正確にするための効果的な練習方法が、足元にクラブを十字に置いて構える練習です。タテのクラブはボールの位置を確認するためのもので、左カカトからクラブヘッド1個分内側に向くようにセットします。横のクラブはアライメントの確認用で、飛球線と平行にセットしてください。つま先、ヒザ、腰、肩が飛球線...

≫続きを読む

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ