ゴルフスイング|アプローチショットの練習法

左手だけの片手素振りでリズムをチェック

アプローチの練習として、ウェッジを左手だけで持ち素振りをする練習をご紹介します。

 

右手が利き手の人は左手の力が弱いので、左手だけでウェッジなどの重いクラブを持つと速く振れません。

 

そこで、左ワキを意識しつつ、身体と左腕を同時に動かすことを意識してスイングすると、左手だけよりも簡単に振れることが分かるはずです。

 

バックスイングとダウンスイングのスピードをできるだけ一定にするのがポイントです。

 

バックスイングが速くてインパクトで減速したり、バックスイングがゆっくりでもダウンスイングで球を打ちにいってはいけません。

 

そうした動きになるということは、手先だけで振ろうとしているからです。

 

また、インパクトで左手首が甲側に折れないように振りましょう。

 

左手だけで持ち、身体の回転を使ってスイングできるようになると、一定のリズムでクラブを振れるようになります。

 

アプローチの際、近い目標を狙ってボールを投げるときと同じスピードで腕を振ることでリズムをつくることができ、また距離感をつくる一番のポイントなのです。

 

フェースが開いたり閉じたりする無駄な動きもなくなり方向性も安定します。

 

この練習でリズムとフェースコントロールが身に付くので、アプローチの練習に取り入れてみてください。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ