ゴルフスイング|アプローチショットの練習法

左足だけの片足打ちで、しゃくり打ちを矯正する

ドライバーやアイアンのショットではしゃくり打ちにならないのに、アプローチやバンカーでは急にしゃくってしまう人が多くいます。

 

これは球を上げたい気持ちが強く働くために、ダウンスイングで腰がスエーしているからです。

 

腰が目標方向に流れて右肩が下がるために、ボールを下からあおってしまうのです。

 

両足でアドレスを取ると、しゃくり打ちになっても右足で支えられます。

 

そこで左足だけでアドレスを取ると、しゃくり打ちをした時に飛球線方向の後方側に倒れてしまい、自分がどれだけしゃくり打ちになっているかがよく分かります。

 

ポイントは、腰をスライドさせないで回転運動をすることです。

 

アプローチでは意識して体重移動を使う必要はありませんが、腰の回転は欠かせません。

 

左足だけで立ち、重心を左の股関節に乗せたままで腰を回しましょう。

 

スライドとターンはまったく異なる動きであり、とくにアプローチのスイングにおいてはスライドは禁物です。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ