ゴルフスイング|スタインすの幅

ハンガーを足元に置き、肩幅のスタンスを理解する

ここでは、ハンガーを使ったスタンスの取り方をご紹介します。

 

一般男性の肩幅は平均38センチくらいと言われていますが、ハンガーの幅はそれより少し広いくらいです。

 

なぜ、ハンガーの幅が良いかと言うと、身体が回転しやすくスイング軸のブレが少なくなり、パワーが伝わりやすいスタンス幅がちょうどハンガーの幅なのです。

 

レッスンなどで「スタンス幅は肩幅がいい」と言われていますが、必ずしもそれが正しいスタンス幅とは限りません。

 

肩幅よりも広いワイドスタンスの場合、体重移動を大きく使えるため、ボールにうまく当たれば飛距離が伸びる利点がありますが、体重移動は悪く言えば「軸をずらして打つ」ことでもあるのです。

 

タイミングが合わないとミート率が著しく低下し、ボールが大きく曲がってしまいます。

 

プロの野球選手でもプロゴルファーでも、天才的にミート率が優れている人は、体重移動が大きいものです。王貞治選手やイチロー選手などがそうです。体重移動を大きく使い、タイミング良く打てる技術がある人なら、スタンスを広くして
体重移動を積極的に使うのが合理的です。

 

しかし、プロに比べ練習量の少ないアマチュアゴルファーにとって、ミート率の低下は致命的です。

 

ミート率を優先するなら、肩幅を超えるスタンス幅は避けたほうが賢明といえます。

 

アマチュアには、スタンスが狭すぎる人は少なくて、「もう少し狭くしましょうか」とアドバイスされることが圧倒的に多いのです。

 

両ツマ先とハンガーの幅が同じくらいが理想のスタンス幅ですが、スタンスが広すぎる人なら両足の真ん中くらいにハンガーを当てるといいでしょう。

 

それでも「こんなに狭いの?」とほとんどの人は驚きます。

 

また、ドライバーのように長いクラブほどスタンスを広くする人が大半ですが、どのクラブでもハンガーと同じ幅で構えるのが理想です。

 

身体とボールの間隔をつかむでも、ドライバーからショートアイアンまで、身体とボールの間隔を変えないことを説明しましたが、スタンス幅も変えないのが望ましいのです。

 

長いクラブを持ったときにスタンスを広くするということは、それだけ回転しにくいのです。

 

両足をそろえた姿勢はもっとも身体を回転しやすい反面、力が伝わりにくいという欠点があるのです。

 

90切りが目標の人にも言えますが、80切りを目指すなら、全クラブでミート率を上げることが命題です。力加減はドライバーからウェッジまで全部同じにしておき、クラブが勝手に距離を変えてくれる感覚をつかみましょう。

 

そうでないと、クラブをたくさん持ってコースに出る意味がありません。

 

これが分かれば、ゴルフがもっとやさしくなるはずです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


スタンスの幅はどの番手も同じ

正しいアドレスを作る
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
身体とボールの間隔をつかむ