ゴルフスイング|ボールと体の距離

ツマ先の位置にクラブを立て、身体とボールの感覚をつかむ!

アドレスで身体とボールの感覚を適度に保つための練習をご紹介します。

 

まず、クラブを持たずにアドレスの姿勢をとってみましょう。

 

股関節のところから上体を折り、両ヒザを軽く曲げ、両腕を脱力して自然に下げます。

 

そして、両手をグリップ(握る)する形を作り、両ツマ先を結ぶライン上にクラブを杖のように垂直に立てます。

 

左手親指を立て、鏡などを使って飛球線の後方から見たときに、親指とクラブが重なれば正しいアドレスです。

 

このとき、前傾姿勢や両ヒザの角度、左手親指の位置、スタンスの幅は、ドライバーからショートアイアンまで共通です。

 

また、重心はちょうど土踏まずの上に乗るようにします。

 

ドライバーでは身体がボールから離れすぎてハンドダウンになり、ウェッジでは近くになりすぎてハンドアップの構えになる人が多くいます。

 

また逆になることもあります。

 

クラブごとにアドレスの姿勢が変えると、クラブによって正しいアドレスがくずれてしまうことになり、スイングも違うスイングをしなくてはならずゴルフが難しくなってしまうのです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


身体とボールの間隔をつかむ

正しいアドレスを作る
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
スタンスの幅はどの番手も同じ