ゴルフスイング|正しいアドレスの作り方

背中にクラブを当てて正しいポスチャーを知る

ポスチャーとはアドレスの姿勢のことですが、もっとも重要のなのはバランスが良くて、安定感のある姿勢で構えることです。

 

なかなか100の壁を突破出来ないというゴルファーは腰が立っていて、猫背で構えています。

 

このように猫背の状態ではスイング軸が不安定になり、スムーズな身体の回転を妨げてしまいます。

 

ここで、猫背を治す方法をご紹介します。

 

まずは、アドレスした際にクラブを背中に当ててみましょう。

 

背骨のラインがまっすぐ伸びて、後頭部から背中、お尻までがクラブに付くくらいが正しいアドレスです。

 

猫背になっていると、後頭部やお尻がクラブから離れるので、一目でチェックが出来ます。

 

ドライバーの重量は300グラム程度でも、スイング中はクラブヘッドの遠心力が働き、15〜20キログラムくらいの重さになります。

 

そのため、クラブと身体が引っ張り合えるような安定した軸が不可欠であり、正しいポスチャーを作っておく必要があるのです。

 

安定したスイング軸が、結果的に飛距離アップやミート率を上げるポイントにもなりますので、常に正しい姿勢で構えることを心掛けてください。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ